2008年05月15日

簡単ういろ・抹茶ver.

Img_5169


 今朝は起きたら、牛乳パックがデンと置かれていて、
ういろう作りを催促されていました。。。(笑)

 同じものを作るのは面白くないので、今日は抹茶味で。
お抹茶はそろそろ自分で挽いたものは量が残り少なくなって来ているので、
今日は元々家にあった一保堂のものを使いました。
器も一新し、フロスティーな感じで。


Img_5153

Img_5155

Img_5167

 それにしても最近、どうも出来上がった後綺麗に切れないなあと思っていたら、
どうやら包丁そのものの切れが悪くなっていた模様。
研ぎたいのですが、包丁研ぎ器を これもまた家人その1がどこかにしまい込んだまま
まだ旅行から帰って来ていない為、探せず。。。(笑)

 普段自分があまり使わないものは、勝手にどこかへしまい込んでしまうんですよ、
その1って。
おかげで我が家にはコードの見つからないまま使えなくなった私のPC用プリンター
(引越しの時に手伝ってくれたところまでは良かったのだけれど、
 別々に梱包してくれて行方不明。 ドウモ アリガトウ)やら、諸々が冬眠中。
亡くなったその3が集めていた器類も、「割れてしまうといけないから」と
棚の奥に多数仕舞い込み。 
器ハ 使ッテ 楽シムモノダ。

 久々に棚の奥まで覘いてみるとこんな物があった、あんな器があったと
色々な発見があります(笑)
まあ、それも楽しいけれど、使いたい時に使いたいものがすぐに見つからないのは
ちょっと不便かな。。。と。

 もうすぐその1も帰国。
帰って来る前に、色々見つけて配置を変えて置こうっと(笑)



 Felix
posted by yugafu at 17:43| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泡盛を使って

Img_5131

  昨年秋に甲州から買って帰り家で干していた百匁柿
出来上がった後、どうやって戴こうかと考えて冷蔵庫のパーシャルで保存したまま
時間が経ってしまいました。


Img_5138


 先日、新聞の広告でブランデーに漬けた柿を売っているのを見て、
ちらっと考えたのです。
”泡盛に漬けたらどうなるかしら。。。?”と。 それを思い出して、昨晩 実験決行。
以前金柑の泡盛煮を作った時には、ちょうど四国から買って帰った羽さぬき(和三盆)が余っていたので
それを入れて甘味をつけたのですが、
今回は柿の糖分が結構ある筈なので敢えて砂糖は何も入れず。
どんなものが出来上がるか、楽しみです。

 
Image238

 昨晩は他にコーレグース作り。
例のグリーンペッパー(家でソヤ・ムルグを作る際に使ったもの)がまだ余っているのが
何となく頭にあって、その後上の柿を漬けている時にこれもチラッと思ったのです。
”これでコーレグースを作ったら、どうなるかしら。。。?”って。

 ちょうど先月銀座わしたで沖尚優勝記念に貰った”島唄”が半分程残っていて、
その時一緒に買って来ておいた”請福”もあったので、それを混ぜた中に漬け込み。
混ぜていいのかって?  沖銀の一石甕なんて48銘柄が一緒に入っているのだから、それに比べたら可愛いものでしょう(笑)
優勝校の運と福を請うという名前とで縁起が良さそう。。。ということで、
さてさてどんなものが出来上がりますことやら。


Image239

 こちらは ”大好き沖縄”の新年会の時に買った、南大東島産の島唐辛子で作ったコーレグース。
終了間際で格安だったので、ちょうどいいわと思って買ったのですが、
どうやら直美さんと親しい大東そばの方が育てた唐辛子だったようです。
一緒に入れたのは松藤だったかな? 春雨だったかな?
冷蔵庫で保存して、料理に活用。
只今三枚肉を買って来て半分はスーチカーに、もう半分はラフテーにしている最中なので、
それが出来たらおソバも打って沖縄そばにタラッとかけようかと。


 Felix
posted by yugafu at 16:06| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

桜海老とザーサイの炊き込み

Img_5146

Img_5148

 どこで知ったレシピかいまひとつ覚えていないのですが、今では私の定番レシピの一つ。
今回は久々に作ったので若干記憶が怪しかったけれど、見事成功!

 作り方を簡単に説明すると。。。
桜海老で採った出汁で刻んだザーサイ入りのご飯を炊き、
仕上げに胡椒と胡麻油をかけて混ぜ、浅葱を散らすだけ。


Img_5143

 桜海老の出汁で炊き上がった直後の写真。 この後桜海老を加えて混ぜ、
通常通り蒸らします。 胡椒は普段はホワイトペッパーを使うのですが、
今回はソヤ・ムルグを作るときに余った生のグリーンペッパーがあったので、
それを細かく刻んで桜海老を入れる段階で一緒に混ぜ込んで蒸らしました。


Img_5135

 炊飯器に入れる前。 油が浮いているのは、この段階で胡麻油を少々入れているからです。
塩気はザーサイでかなり採れるので、炊き上がった時点で足りない分だけ微調整をすればO.K.


 私の場合、先月茶摘みに行ったついでに買って帰った由比産の桜海老を使いましたが、
勿論普通の桜海老でも出来ます。
簡単で美味しく、見た目も美しいご飯ですので、興味のある方はお試しあれ!



 Felix
posted by yugafu at 20:05| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自家製ういろ

Img_5115

Img_5125

Image235


 本日の茶菓子は自家製ういろう
今回は切る時に失敗したので、こんな感じ。

 牛乳パックを利用して作りました。
味は我が家でも評判良いです。
昨日とお皿が一緒なので、茶碗だけ変えて。

**************************************************************************************


Img_5151

Image234

 久高島から買って帰ったンムクジー昨日作って余ったグリーンピース餡とで
葛まんじゅうを作ってみました。
芋の葛だからなのかちょっと赤っぽくなるのと、蒸すのが面倒で
仕上げを電子レンジで行ったのとで、まだまだ改良の余地はありますが、
これも味は良かったです。



 Felix
posted by yugafu at 14:38| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

ティータイム・プレミアム

 お昼にクスクスに入れたグリーンピース
実はこちらに使うのがメインでした。

Img_5106

Image218_2

Image2301_2


 何ヶ月か前に和菓子作りの本をたまたま鎌倉の書店で見つけて。
家で手作りしてみたいなと思って本だけ買っておいて、
そのままずっと時間がなかったんですよ。
でも昨日ちょうど生のグリーンピースを手に入れて、
色がきれいだなあと思ったら、居ても立ってもいられなくなって。
お茶の時間に是非戴こうと、遂に決行。

 と言っても、急に思い立ったので我が家には和菓子作り用の道具など
ある筈もなく、ひたすら家にあるもので作りました。
フード・プロセッサーも肝心のカッターのついた蓋の部分だけ
家人その1がどこかにしまい込んだまま旅行に行ってしまい、見つからないし(笑)
でも、まあ、その割には上手く出来ましたね。。。

 本に載っていた幾つかの技法を使って、何となく思いつくままに作ってみました。
名前はこの豆のグリーンに惹かれて作ったので、”Sui 〜 翠 〜”にでもしようかな。
一応花の形にしてあって、亡くなった母の池坊の時の名前にもこの”翠”という字は
付いていました
し。。。ね。

Img_5114

 お抹茶のほうは先月茶摘みに行った際、お茶の郷博物館にて自分で挽いて来たものです。
このお茶も名前はセットで”Sui 〜 翠 〜”にしてしまえ、エイッ(笑)


 自分で出来ることが増えて来ると、
それを組み合わせてまた新しいことが出来るから楽しい。
これからも少しずつ少しずつチャレンジしていって、色々なことが出来るようになりたいですね。


 Felix
posted by yugafu at 16:45| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

自宅で製茶・その後

Image034_2


 サンモールのフード・フェアに行っていた間天日干しにしていた茶葉を 
急いで帰宅してから1枚1枚ひたすら手で揉み、ここまで来ました。

 この段階で笊に2杯分あった茶葉は半分の量に。
明日にでもまた干すつもりですが、最終的には更に減って半分になるでしょうね、これ。

 手揉みしている時にはつい、゛千手観音像みたいに手が沢山あったら!゛
などと思うくらい手間がかかるのですが、乾燥させると一気に減ってしまうのですよ。
だからこそ、本当に貴重なんですけれど、ね。

 出来上がりが楽しみです。


 Felix
posted by yugafu at 19:44| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

茶葉と桜海老のビーフン

Image027_2

 今日のブランチ。
中国茶藝を習っていた時に耳にした茶葉料理にヒントを得て作ってみました。
乾炒りした桜海老の香ばしさと茶葉の苦みがマッチして美味しい!!


 Felix
posted by yugafu at 11:21| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洗濯日和は製茶日和

Image023_2

Image0241_3_2

Image025_2

 頑張って同じ時間で他の人の倍の量を摘んだのですが、
半分お茶工場で製茶して貰う方にまわしてしまったので、やはり今回は前回よりも更に少ないですね(笑)
でもまあ、少しでも季節を自分の手で活かして楽しめればということで。
先に別にとっておいた茶葉少量は、由比の桜海老と一緒にまた料理するのだけれど、
かき揚げは一昨日お茶の郷でも戴いたばかりなので、今度は天麩羅系ではなく他の調理法にチャレンジするつもり。


 Felix
posted by yugafu at 09:59| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

茶葉三態

Image001

 20時半過ぎに家に着きました。
今日の私の宝物はこれ。
自分で摘んだ茶葉、同じく自分で摘んだばかりの茶葉を
そのままお茶工場で釜炒り・製茶して貰ったもの、
そして博物館にある石臼を使って自分で挽いたお抹茶。
生の茶葉は、数年前と同じ方法で自分で中国茶に製茶したり、一部は料理に使ってみるつもり。
楽しみです。


 Felix
posted by yugafu at 21:11| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一芯二葉

Image542

 久々の茶摘み、今回は牧之原にて。
詳細は後程。


 Felix
posted by yugafu at 11:30| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

Felix、クジラを釣る

 Sbsh06222

Sbsh06232

Sbsh06262

Sbsh06302

Sbsh0857_2


 鯨の保護団体からクレームが来るといけないので初めに断っておきますが(笑)、
これは私が今月1日に沖展の会場で無料の陶芸教室を体験した際
作った器保管中姿を消してしまい
翌日読谷やちむんの里・北窯もう一度器づくりをする機会を得た時の記録です。
取り急ぎ写真のみアップして、詳細は追記でまた後程。

**************************************************************************************


 Felix
posted by yugafu at 17:45| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

私のつくった器 - 2 -

Sbsh0624

 今月2日 読谷・やちむんの里にてつくった
詳細はまた別途。


 Felix
posted by yugafu at 08:30| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月11日

さんご染め - 2 -

Sbsh0598

Sbsh0599

Sbsh0595_2

Sbsh0605

Sbsh0600


 先日2日に首里で体験したさんご染めの話の続き。 
先に写真だけアップしておいて、可能であれば夜にでも追記します。

********************************************************************************************

 ゛さんご染め゛と聞いて最初思い浮かべたのは、珊瑚を砕いて? 煮出して?
染料にする。。。みたいなもの。
でも、実際は全く違いました。

 死んだ珊瑚を拾って来て割り、その断面を使って版画みたいに擦るんですよ。
その断面は人間の指紋と同じでそれぞれの珊瑚固有のものだから、
世界に1枚だけのオリジナル・Tシャツを作ることが出来る訳です。
ということで、3階の工房で実際の作業を見学したら(3枚目)、早速マイTシャツの製作にトライ。

 擦り終わって色を定着させる為のアイロンがけはお店のほうでやって下さるのですが、
その間は囲炉裏の傍で古酒や黒糖を戴き待っています。
売っている物もなかなか素敵ですし、首里城に勤めていた女官頭? の生地だった場所でもあるらしく、
それに関する物もあるので、退屈しませんね。

 それに何より、死んでしまった珊瑚を活用して、もう一度美しい物・
しかも世界に一つしかない物をつくりあげることが出来る辺り、私は気に入りました。

 紹介して下さった直美さん、お蔭様で。 ありがとうございました!


 Felix
posted by yugafu at 12:58| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月02日

さんご染め

Sbsh06061

Sbsh0607

 今回首里に寄ったのはこれの為。
染料をのばすのが結構難しくて思ったような色には全然ならなかったのだけれど、
デザインは気に入っています。

 メイド・イン・首里で私の手製。
直美さんに紹介して戴いたお店で体験しました!
詳細はまた別途。

 Felix
posted by yugafu at 12:49| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

私のつくった器

Sbsh0548

 焼けないのでこのまま乾かすだけなのですが、出来上がりが楽しみです。


 Felix
posted by yugafu at 15:18| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

復活第1弾

Sbsh0247_4

 体調復活第1弾。
一度やってみたいと思っていた、手作り味噌教室に行って来ました。

 私の場合土曜日も午前中に仕事がある為 会場のある鎌倉山へは
どう頑張っても30分遅れでしか着かないんですね。
それと当初は定員に空きが無かったのとで行きたい・行きたいと思いつつ
諦めていたのですが。。。今朝になってどうぞと連絡を戴き、
チャンスの前髪は掴め!とばかりに即申し込み!(笑) 
で、仕事が終わるなりダッシュして、きっかり30分遅れで到着!!

 いや〜、すごく楽しかったです。
大豆を茹でるのだけは予め先生のほうでして下さっていたのですが、
あとは座学を受けた後、実際に体験出来ました!!

 以前久高島の海水塩を作ってみた時に出来たにがり
時々ゆし豆腐を作って楽しんでいるのですが、
今度はもっと固めの豆腐を作って、それと今回出来てくる味噌を使い、
豆腐の味噌漬が出来ないかと。
あとはお味噌汁作ってアーサを入れるのなんかもいいなあ。。。

 ガチマヤーの夢は膨らみます。
今日は比較的写真を撮ったので、また時間を見つけて別途詳細を載せますね。
ひとまず今回の写真は、茹でた大豆を他の受講生がミンサーでひいているところ。


 Felix
posted by yugafu at 21:06| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

百匁柿・その後

Sbsh018100_2

 昨年12月初旬に日帰り甲州の旅で買って来てそれからずっと干していた百匁柿
1ヶ月経って今はこんな感じです。

 そろそろいいかしら?
明日だったら小正月なので一応 
゛お正月に手作りあんぽ柿を食べる゛という目標は達せられるのだけれど、
あともう少しこのまま干して、旧正月の楽しみにとっておく?


 Felix
posted by yugafu at 14:04| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

明けましておめでとうございます

Ahappynewyearfromfelix2008

 元旦の午後、皆様如何お過ごしですか?

 マイミクの皆様、このブログを訪れて下さっている皆様、
旧年中はありがとうございました!
この1年が皆様にとって良き年でありますように。
今年も宜しくお願い致します。

 2008年 元旦  Felix

*  ↑ 写真は今年私の作った菊花かぶです! 

 年賀状2007
 年賀状2006
 年賀状2005
posted by yugafu at 14:21| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

あんぽ柿作製中

Image4492

 今日は土曜日なので半日休みなのですが、まだ風邪が治りきっていなくて。
明日出かけるところがあるので、大人しくしていようと帰宅。。。
が、やっぱりどうしても今週中に行っておきたいカフェがある為、
お茶だけ飲みに行ってサッと帰って来ることに決定!
只今自宅で遅めの昼食を終え出掛ける支度をしていますが、
先週甲州から買って来た百匁柿もようやく吊したので、その写真を載せておきますね。

 願わくばカラスに食べられませんように。
美味しいあんぽ柿がお正月に食べられますように!


Felix
posted by yugafu at 14:26| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

新巻鮭の酒粕煮

Image445_21

 先日の新巻鮭中骨で三平汁を作る予定だったのですが、
ネットで調べたらわざわざ塩抜きしなくても出来るのでこちらに変更。
材料は上記中骨一尾分と白菜・人参・ゴボウ・鮭粕・仕上用の味噌と葱。
ゴボウは現在手先が若干荒れ気味なので洗って笹がきにする手間を省き、
99円コンビニのきんぴら用の冷凍食品で代用しました。

 あとは特筆すべき点と言えば玉那覇の王朝味噌と首里味噌を合わせで使ったことかな。
簡単だけれど美味しく仕上がりました!


Felix
posted by yugafu at 21:49| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

第1次オペ、終了!

Image445_5

 全長約60cm強の新巻鮭、先程オペ終了しました(笑)

 あー、これで冷蔵庫が広く使える。
代わりにしばらく冷凍庫は鮭で場所をとりますが。
でも、用途に応じて小分けしたから、まるごと一尾よりは使い易いはず。
それで、これは頭のほうで氷頭ナマスづくりにチャレンジした後は
三平汁になると思います。。。
posted by yugafu at 22:37| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

Image445_4

 3枚におろした内の1枚目。
私は普段魚をおろさないので家人その1ご自慢の魚用包丁は使わずに
万能包丁を使ったのだけれど、それを思えばまあまあの出来?
これは一旦2日間凍らせて殺菌してから自然解凍し、刺身にします。
posted by yugafu at 22:24| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

Image445_3

 残りの半身。
こちらは切り身にしてムニエル、あとはちゃんちゃん焼きですな、たぶん。
posted by yugafu at 22:17| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

Image445_2

 これは真ん中の骨のついた部分を3等分してまとめたもの。
いいお出汁が出そうなので頭の残りや尻尾と一緒に三平汁にする予定。
それにしても、こうしてみると少しも無駄になるところがないですね、鮭って。
ウチナーンチュにとっての豚もこんな感じ?
解体作業をしながらチラガーを調理した時のことをちょっと思い出しました。


Felix
posted by yugafu at 22:09| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オペします

オペします

 いえ、私ではなくて、昨日の小旅行のお土産に貰った新巻鮭が、です(笑)
また後程。


Felix
posted by yugafu at 21:31| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

自家製キムチ・その後

Image431_3_2

 林檎を擦りおろして入れる時、紅玉を使ったので、
”ジャム作りの要領で色付けにいいかも(唐辛子の量を控え目にして作りたかったので、
その分代わりの赤みが欲しかった)” と実験的に皮も入れてみたのだけれど、
キムチの量と比較してもっと多く入れたほうが良かったみたい。
メモ、メモ。

 こちらも詳細は追記で。
このキムチの漬け汁とスーチカーの茹で汁を利用して、
キムチラーメン作ったら美味しいだろうなあ。。。
ちなみに器も自分で焼いたものです。
こういう暮らし、大好き。


Felix
posted by yugafu at 19:36| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自家製スーチカー・その後

Image431_2_2

 これから茹でるので、詳細は追記にて。


Felix
posted by yugafu at 19:15| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

秋冬の愉しみ 〜自家製キムチを漬ける〜

Image397

 昨日の午前中、近所のスーパーで買って来た超特大の白菜を使って。
詳しくはまた追記します。
posted by yugafu at 08:11| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

Image3942

Felix
posted by yugafu at 08:05| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自家製スーチカー

Image395

 こちらは同じく自家製スーチカー
こちらも詳細は追記で。
posted by yugafu at 07:59| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

Image396

Felix
posted by yugafu at 07:58| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

秋サバで自家製鯖寿司

Image2161

Image2151

Image214

Image212

 昨日近所のスーパーでサバが格安だったので
思い立って久々に作った鯖寿司を今日のお昼に。
詳細は帰宅後に追記しますね。


Felix


************************************************************************

 海外に仕事で2年間暮らしていた際、
料理本を数冊買い込んで持って行って。
とても重宝したのですが、
その中の1冊にあったのが、この鯖寿司。
今回はごく簡単に作り方を紹介します。


 1. 鯖の小骨を抜き、塩をすり込む。
  そのまま3時間程おいて水分をとる
  (一番下の写真)。

 2. 水で軽く洗い流し、再度水気をとった後、
   時々返しながら酢に15分程浸す
  (下から2番目の写真)。

 3. 酢から出し、昆布と共にラップして一晩冷蔵庫で寝かす。

 4. 寝かせた3の鯖を取り出し、静かに皮を剥ぐ。
 
 5. 4へ厚みが均一になるように包丁を入れ、
    布巾の上に鯖・昆布・寿司飯の順で置く。

 6. 布巾ごと丸めて形作ったら出来上がり。


 ※ 今回はたまたま咄嗟に思いついただけだったので
  白板昆布を使わなかったのですが、
  あれば一番上に載せるとより一層美味しくなります。
  簡単ですので、是非一度お試しあれ。

 (17日 22:45 追記)
posted by yugafu at 12:33| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

秋の夜長には。。。

秋の夜長には。。。

 お茶でもいれながら読書。
写真は先日石垣島の宿泊先で織った花織ミンサーの栞と それを織っていた最中のもの。

Image1741
 
 教えて下さった男の先生がこちらの意図をよく汲み取ることの出来る
とても親切な方で、「ペアにしたいんです」としか私は話さなかったのですが、
男性用と女性用で太さが変わるように、織模様の彩りがそれぞれ入れ替わるように。。。
と指導して下さったので、素敵な栞が出来上がりました。

 片方は私が織った証明書(修了書)と模様の由来についての説明書を添えて
沖縄を発つ前にBさんへ。
もう一方は勿論私が横浜へ。
21時まで受け付けて貰えて、とてもいい織物教室でした(日航八重山ホテル・
1階)

Felix
posted by yugafu at 20:06| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

かりゆしウェア・その後

070820_183201_2

 先日完成したかりゆしウェア
金曜日に大事な人に贈ったところ、
本日早速 職場に着て出勤してくれたそうです。
嬉しい!


Felix
posted by yugafu at 19:33| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

かりゆしウェア、完成

Image086_2

 1日3時間・2回の教室で昨日ミシン縫いまで教わって終わらせ、
家(滞在しているマンション)でボタンを付ける段階になって
身のまわりの別件で色々あって。
今日は一時 ”もう完成させなくていいや” とさえ思ったこともあったのですが
(別に ”ボタン付けが嫌い”  というような話ではありません)、
何とか頑張って完成させることが出来ました。

 今日は夕方出掛けた先から戻る途中でめまいに何度かおそわれたので
もう寝ることにしよう。
明日のお天気って、どうでしたっけ。。。?


Felix
posted by yugafu at 23:50| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月11日

かりゆしウェア、作製中

Image0741_2


 今日はここまで出来た後、衿と袖をミシン縫いするところまで
いきました。
詳しくはまた仕上がり後。


Felix
posted by yugafu at 22:49| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

今日のお夕飯

Image0731

 ちょうど玉那覇の味噌も買ったので(今回は首里みそ。
前にうっちんみそと王朝みそは使ったことがあるので、
次回はきっと特選みそですな)おかずに大好きなナーベラーンブシーを
作りました。

 島豆腐を手でちぎったりしているので、見かけは若干 ?! ですが、
美味しい。 たまらん。 ああ今夜も箸が止まらない。。。(笑)
posted by yugafu at 20:20| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

Image069_3

 こちらは昨晩作ったフーチャンプルー。
先日こちらで会ったBさんから戴いた圧縮麩で作りました。


Felix
posted by yugafu at 20:11| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月03日

塩ちんすこう3種

塩ちんすこう3種

 ごめんなさい、記事を溜めているのに何ですが、
1時間程前に例の塩ちんすこうを作って他の2種と
食べ比べをしたので、ちょっとその写真を。
上から  @私が作ったもの
     Aちゃたんの塩ちんすこう
     BN社塩ちんすこう

 とりあえず自家製塩ちんすこう、今回は成功しました。
でも、他の二つと比べると、まだまだ原始的な味という
感じは否めません。 Bあたりはバニラエッセンスや
ベーキング・パウダーも使っているし、
たぶんラードも良いものを使っているのだろうな
というような品の良い味で、これはまだまだ修行の余地
有りですね。
まあ、これからも気長に挑戦して改良してゆければ
いいかな。。。と。


Felix

-P.S.-
 1日と2日のライヴの詳細、
それぞれの記事に追記しました。
posted by yugafu at 22:39| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

自家製ちんすこう -2-

自家製ちんすこう -2-

 待つこと30分強、出来上がりました。
ああ、いい匂い!

 やはり成形がゆるかったので、割れ目は若干多い
ようですね。
でも美味しそう!!

 こちらが上手くいったので、今日はここまでにして、
雪辱の塩ちんすこう作り(笑)はこの次にします。
さ、お茶をいれなくちゃ。


Felix
posted by yugafu at 14:58| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

posted by yugafu at 14:48| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title



 今回使ったのはこの七島黒糖のうちの一つ
(既に使ってしまってから撮ったので、
 今回のちんすこう作りに使った島のものは
 ここには写っていません)。
 一袋につき60gで 大体一口サイズのちんすこう10個
くらいを作るのにちょうどいい量なので。。。
中の乾燥剤だけ先に出して、フード・プロセッサーは使わず
袋の上から手で揉み潰して使ってしまいました、私は。
結構便利です。
posted by yugafu at 14:15| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title



 これから黒糖ちんすこうを焼くところ。
今回は少しラードの分量を減らしてみました。

 ちょっと粉がまとまりにくくなるので成形するのが
難しくなるけれど、ま、許される範囲でしょう。
きっと美味しい筈。


Felix
posted by yugafu at 14:10| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自家製ちんすこう

自家製ちんすこう

 ちょっと優雅に自宅で手作りしてみようかと、
他所さまのブログe.t.c. いくつかのレシピを参考に
昨日作ってみました。
今回は白砂糖とラードを使用。
ちなみに文献によれば、ちんすこうというのは
元々ちいるんこう(鶏卵糕)として
中国南部より沖縄に渡って来たものが
明治時代 焼き菓子に変化し、現在の形になったとのこと。

 味ですか? バッチリですよ。
ただし塩ちんすこうのほうは大失敗しました。。。!
(入れすぎたのです、塩を。
 ま、ソルティー・ドックやマルガリータに塩をのせず、
 これを片手に飲んだらちょうどいいかも知れません
 が。。。−笑−)

 でも今回の失敗で大体の感覚はつかめたので、
また後程挑戦してみるつもり。
黒糖が沢山あるから今度はそれでも作ってみようかな。

 初(ウィ)がないので、
そろそろ新しいお茶もつくりたいですね。
あー、久々に茶摘みに行きたい、
母校の子達はもうホームルームでの茶摘み
終わった頃でしょうね。


Felix
posted by yugafu at 10:35| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月13日

おきなわのうた vol.7 -2-

 昨晩はベッドに入ってから膝にムッシュ・ブランを載せて
続きを書こうとしていたのですが。。。
ゴメンナサイ、どうもダメだったみたい。
気付いたら朝でした。。。(笑)

 さて、今日は母の日。
午前中は我が家の太陽・家人その3が既に亡くなって
いるので、花を持ってお墓参りに行って来ました。
(その3、長く華道を嗜んでいたせいか花材の好みが
 結構あって、カーネーションが好きでなかったので、
 今回は白いカラーにしたのだけれど。。。
 喜んでくれたかしらん)


 午後はチラガーと格闘。
本当は真空パックで日保ちがするのでもう少し先の
予定だったのですが、普段は面の顔の非常に厚い(笑)
その1が
「頼む、冷蔵庫開ける度に夢に出て来そうだ !
 早く何とかしてくれ !」 と情けない声で訴えた為(笑)、
急遽調理し、甘煮を作りました。
下記はその調理前調理後の写真。

 沖縄で買う時には我ながらちゃんと調理出来るのか
やや不安でしたが、以前ミミガーだけやテビチなら
調理したこともあったのと、何より
イラブー様を調理した時中国で蠍を食べた
(友達の結婚披露宴のディッシュで出て来ました。。。)に比べれば、
普段口にしている物体の別の部位なので
まだ怖くないなと言う感じでしたね、今回は。 
おかげ様で何とか無事調理出来ました。
よし、これならそのうち沖縄でも暮らせるゾ !
ということで。。。(笑)


 長くなりましたが、本題ライヴの話の続きです。

 アンコールは歌詞の意味がよく判らなかったのですが、
それぞれの出身地である西表島と北谷のいいところを
歌った唄での合戦? でした。
(でも、お二人さん曰く
 「今度は 池田卓 ”VS” よなは徹 はやめようね」
 「それじゃ ”&”か ”ハート” で」 とのこと -笑-)

 その後よなはさんが「もう一曲いい?」と池田さんに
言って、私の大好きな安里屋ユンタを二人で。

 これ、動画で撮りたかったなあ。
昨夏の久茂地の夏祭りで池田さんが歌った際には
自由に撮れたので携帯におさめたし、
竹富島に行った際にもクヤマの生家近くで牛車が
通りかかって弾いていたのをおさめてあって。
今回の二人のスペシャルver.は是非録りたかった
のだけれど、ホール内では勿論禁止だったので、
やむなく我慢しました。

 この二人、最近偶然、ラジオ番組で一緒に喋っている
のを見つけて聴いたのですが、
二人だと面白いんですよ。
聞き手が上手かったこともあるのですが、
二人の間の空気感みたいなものが感じられて。
結構私は笑ってしまった。 でも、よなはさんには
他に ”永遠のライバル” がいるらしいので、
また機会があればそちらのトークも
聴いてみたいなと思いました。

(続く)
posted by yugafu at 20:55| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title



 もう少し煮たほうが良さそうだけれど、
とりあえずこんな感じ。
最初醤油と黒砂糖だけで煮ていたのですが、
途中から臭みを消す為に特製・イーチョーバー入り
請福ファンシー
石ラーを入れてみました
(ピリ辛が好きなもので)。

 玉那覇醤油が切れかかっていたので、
今回は普通の醤油にしたのがちょっと残念だけれど、
まあ、もう、チラガー見ても平気だし、
またそのうち作るでしょう。
玉那覇はその時にでも使ってみるということで。。。

 泡盛も合いますが、赤ワインもよく合います。
posted by yugafu at 19:51| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title



 下茹で前。
この後我が家で大量にカレーやおでんを作る時の
一番大きい鍋でも入りきらずちょっと大変でしたが、
何とか茹で上がりました。
茹で上がった後は 目の周りは剛毛が生えている
ので取ってしまい、残りを耳・額・頬・鼻先に分割。

Felix
posted by yugafu at 19:50| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

無事帰宅

無事帰宅

 30分程前に家に着きました。
まずはチラガーで記念撮影。
よし、今年のアンガマはこれに決まり !(意味不明)

 家人その2はチラガーを初めて見たのですが、
「うわー、凄いねえ。。。」 と感心していました。
調理するのに勇気が要りそうなのでかなり迷った
のだけれど、買って来て良かったわ(笑)


Felix
posted by yugafu at 18:39| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買うべきか、買わざるべきか


買うべきか、買わざるべきか

 。。。只今真剣に悩み中。


Felix
posted by yugafu at 12:36| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月08日

手仕事集大成



 今回、私が沖縄そばを作ろうと思い立ったきっかけは
雑誌のこの特集。
ゆいれーるのフリーマガジンで "Synca!" という雑誌です。

 沿線で美味しいそばめぐりをしよう! 程度の企画なら
まあ他の特集でもあると思いますが、
この特集の面白かったのは そば作りに必要な材料を
”ゆいれーるに乗って探しに行こう!” という発想。
とはいうものの、最初の”旭橋駅・沖粉工場で強力粉を
手に入れよう” というのは、私の場合、目と鼻の先の
@町市場へ行けば1袋わずか250円で手に入りましたし。
その他にもこの企画にはない 手摘みの ”アーサ” を
入れたかったりで、結局、紙面通りではなく、
自分なりにアレンジしての実際となったのですが。。。

 P.5に書かれている 材料が揃ってからの実際の作り方は
大変参考になりましたし、
”自宅でも出来るんだ、沖縄そばづくりって” という、
いい刺激にはなりましたね。
それから読み物としてもなかなか面白かったです、
この特集。 

 麺打って、ラフテー作って、最初に三枚肉を茹でる時に
使った茹で汁と市場の専門店で買った鰹節
とった出汁を合わせ
久高島から採って来た海水で作った塩玉那覇醤油
味付けして。 
与論で焼いた器に入れて、最後に
玉城で採って冷凍保存してあったアーサ
と蒲鉾・ラフテー・針生姜を載せて、
これもまた自家製のコーレグースをかけて。
目一杯、手作りを楽しむことが出来ました。
時間はかかるけれど是非またやってみたいですね、
こういう企画は。

 ところで、3〜4歳の頃、母がよく私に
”カルシウムがよくとれますように” と新鮮な鰯を買って
来て、家でダンダン。。。と丁寧に骨ごと叩いてすり潰しては
ツミレのスープを作ってくれて。
 ”見た目が灰色なのが美しくない!” と
子どもながらに思いながらも(笑)、一口含むと
何とも言えず優しい味がふわーっと一杯に広がって。
美味しくて大好きで、何度もおかわりしたのを
今でも覚えているのだけれど、
あんな感じでだったら、蒲鉾も作れるかしらん。

 夢は膨らみますね。

 お蔭様で今でも骨は丈夫です。
私も母の手仕事集大成。


Felix
posted by yugafu at 20:53| ☀| 手作り、大好き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。